トップイメージ

ロイヤルフォートスウェーデンのテクノロジー

スウェーデン住宅は21世紀の「理想の住まい」とされています。

その理由の一つに、その高い断熱性能から極少の冷暖房エネルギーでありながら、真に快適な室内環境を得ることできることにあります。また、品質の良い北欧材を使用する頑健な構造体や優れた結露対策などにより100年住宅と言われる程の耐久性を持ちます。

ロイヤルフォートスウェーデンの住まいは、こうしたスウェーデン住宅が持っている本当の実力が再現できる技術によりつくられています。

断熱性能を表す値としてQ値(熱損失係数)があります。これは数字が小さいほど断熱性能が高いことを表します。 次世代省エネルギー基準において、Ⅰ地区(北海道地区)の値は1.6W/㎡・Kです。
ロイヤルフォートスウェーデンは、これを大きく上回る1.0W/㎡・Kを実現することも可能です。

スウェーデン本国と変わらぬ高い断熱性能や気密性能が充分に獲得できるように、ロイヤルフォートスウェーデンの住まいは日本の住宅とは異なる工夫が随所に行われています。
また、日本の気候風土に対応するための技術も盛り込まれています。

ロイヤルフォートスウェーデンの住まいはスウェーデン本国性能の実現のために、本物のスウェーデン住宅に採用される北欧材・木製サッシ三層ガラス窓・ロックウール断熱材を採用するなどこだわりの仕様となっています。

素晴らしい品質や性能の高い材料を使用すれば、良い住宅ができる訳ではありません。ロイヤルフォートスウェーデンは、本来の北欧住宅が持つ性能を発揮できるように、安定した資材の供給体制と精度の高い生産システムづくりを行っています。

日本は高温多湿です。またシロアリによる被害も多く見られます。ロイヤルフォートスウェーデンはスウェーデン本国性能の実現だけでなく、日本の気候・風土・環境に合わせた見直しが必要と考え、環境適応のためのさまざまな工夫をこらしました。

space ***
  • ロイヤルフォートスウェーデンのテクノロジー
  • Q値1.0 W/㎡・Kの住まい
  • 構造
  • 本物仕様
  • 品質確保
  • 環境適応
***
資料請求 見積もり依頼 お問い合わせ
電話番号